葬式とは、人が亡くなった時に行う儀式

葬式とは、人が死亡した場合に最後の大イベントでもあります。
葬式とは、葬儀の一環で告別式とも言われています。
葬式の種類には、仏式や神式やキリスト式や無宗教式等がありますが、日本の多くは仏式が中心です。
葬儀とは、亡き遺体の側で僧侶が読経を読む枕経から始まりご遺体を棺に納める入棺式そして通夜と続きます。
遺体は法律の規定で24時間経過しないと火葬、埋葬が出来ないことになっています。
死亡後24時間経過すると密葬、火葬の運びとなります。
場合によっては告別式の後に火葬をすることもあります。
葬式は以前は菩提寺や自宅葬が主流であったが今では葬祭会館での葬式が主流となってきています。
菩提寺や自宅での葬儀は隣人の助けを多く借りていたが今ではほとんどなくなってきています。
精進落としも自宅で準備しなくても葬祭センター等の事業者が葬祭会館等に準備、配達してくれます。
このように葬式の在り方も徐々に変化しつつあります。

4つの取引ツールが同時に使え、最短1クリックで発注ができます

創価学会のニュースをお届け

最新投稿

  • 葬式について1

    最近では葬式にもいろいろなタイプのものがあり、一般葬の他に家族葬や直葬などの葬儀も利用できるようにな …

    続きを読む...

  • 葬式について2

    社会の変化はここ数十年での大きく社会の変化により葬式のスタイルも変化してきています。
    大きな変 …

    続きを読む...

  • 葬式について3

    葬式は突然訪れますが、最低限のマナーを知っておかなければ恥をかくことになります。
    訃報は昼夜問 …

    続きを読む...

  • 葬式について4

    無信仰とな異なり特定の宗教宗派によらないお葬式である自由葬は、首都圏で行われる葬儀の1割ほどですが、 …

    続きを読む...